今、岩手の、そして日本の地域医療は、崩壊の危機にさらされています

岩手県知事 特別講演

2018年1月30日

全国自治体病院協議会幹部職員セミナーで岩手県知事が特別講演を行いました。

岩手県知事
緊急メッセージ

達増拓哉岩手県知事

現在、地域医療は、医師の不足と地域偏在という危機的な状況の中にあって、医師達の献身と志によって支えられている状況にあります。

しかし、今後、高齢化による医師需要の増大等によって地域医療を支える医師達が、現状よりも過剰な負担や過酷な勤務にさらされることになれば、地域医療は崩壊しかねません。

地域医療のあるべき姿を実現するには、国全体で地域医療を守る仕組み、そして、地域医療に関わることで医師が成長し、研鑽を積むことにも繋がる仕組みが必要です。

地域医療、そして日本の医療の未来を守るためには、一刻も早く、具体的な医師偏在対策を実現する必要があります。

2017年3月9日 掲載

ページの先頭に戻る